東紀繊維株式会社

和歌山県和歌山市

ファクトリー一覧 > 東紀繊維株式会社

エアリーパーカー

時間と引きかえに得れるもの

量生産に向かず、手間が掛かる故に忘れられてしまった伝統の技術、「吊り編み」は、1時間に1メートルの生地しか生み出すことが出来ない非効率極まりない製法。
いうなれば手編みに近い状態です。
でもその製法だからこそ、柔らかくふくらむ豊かな裏毛生地を生み、高い伸縮性や保温性、耐久性を併せ持つことができるのです。

歴史が紡いだ匠の技

吊り編み機とは、明治の終わりから大正の初めにかけて、ヨーロッパから初めて日本に入った丸編み機の原点で、本来は高級下着を編むために使用されたものです。
一本の糸を丁寧に編み上げてゆくため、非常に風合いが良いものの、その生産性の低さ、コストの高さのために、今ではごくわずかな工場でしか使われていないのが現状です。
長年の経験とカンが要求される吊り編み機の操作を扱えるのは日本でわずか数人、その熟練の職人が時間を惜しまず、空気を含むよう、あえて「甘く」丹念に編み上げていくという手作り感覚の生地です。

豊かな風合い

吊り編みでつくられる裏毛は、固定されたシンカーホイルでゆっくりと編みたてるため、糸に余計な負担がかからず、また、生地も機械で強制的に巻き取ることなく、自然に溜まっていきます。
そのため、洗い込むほどに実感できる手編み感覚の豊かな風合い、かさだか性、フィット感、暖かさをもっており、その特性を長期間保ちます。
洋服のプロをも唸らせるその風合は日本のみならず、世界からも注目されるスゴ技なのです。

東紀繊維株式会社のこだわり商品

吊裏毛パーカー
ふんわりと軽やか
  • フーディープルオーバー

    ¥8,900
  • ジップアップパーカー

    ¥9,800
  • フーディープルオーバー

    ¥11,000
  • バックロングスカート

    ¥12,800